スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Flyable Heart 総括

ども、アオです。
今回はFlyable Heartをプレイして、全体的な感想です。
最初にも軽く感想は書いたので、それと内容が丸被りしないように、かつネタバレをしないように気をつけて書いていきたいと思います。
それでは、以下感想。

物語自体ははじめにも書きましたが、序盤はほのぼのとした日常パートです。
個人ルートに入っていくにつれ甘く、切なく、そして物語の核心部分に入っていく…
と、大まかな展開としては王道のそれかと。
しかし細かな内容としては超展開の部分が含まれますね。
途中で入る選択肢が多用されるイベントも楽しかったですw
物語を作り上げていくキャラクターもみんな個性豊かで、
主人公・ヒロインはもちろん、サブキャラクターの設定もしっかりとしているので、
まずストーリー・キャラクターの点で嫌いという評価はあまりつかないと思います。
前述の通り展開が王道かつ超展開なので、先の展開が読めそうで読めません(笑)
また、全ルートを攻略しないとこの物語の核心部分が分からないので、テキストから目が離せなかったですね。
年齢制限があるシーンも一部を除いたら端折っても問題ないかな?とも感じたので、移植されたものがあっても面白いかもしれないと感じましたw

キャラクターは前述のように個性的なキャラクターばかりです。
共通の日常パートではもちろん、個人ルートに入ってもサブキャラクターの人間性が生きてくるルートが多かったですね。
個人的な推しは会長と八重野先輩ですかね。
勿論全キャラクターには何かしらの印象はあったのですが、このふたりは特に強かったですね。
日常パートでも、個人ルートでも……w
因みに八重野先輩に関しては、とあるルートの繚蘭祭での出来事が凄く好きでしたw
勿論、他に特筆すべきこともあるのですが…その辺りは割愛させていただきます^^;

絵や音楽を含め、この作品は私個人としてはかなり良作だったと思っています。
ただ失敗だったのは…3日間で終わらせてしまったことですかね^^;
それくらい集中力が途切れずにプレイできた、と言えばプラスになるのですが、
逆に言うと時間をかけずにプレイしてしまったので物語自体を味わえなかった気がします;
クリア後もまたちょこちょことやっていたのですが、一度見た場面なのにもかかわらず涙腺が緩んでしまう…
そんな楽しさを味わえる作品です^^
スピンオフ作品として「君の名残は静かに揺れて」、続編として「Flyable Candy Heart」が発売中なので時間のあるときにその2作品もプレイしようと思います。

……ということでFlyable Heartの感想を終わりたいと思います。
次回からの更新なのですが……今回と同じようにひとつの作品について何回かに分けて感想を書いていきたいと思います。
たまにアオの日常のことも書くかもしれません。
次回から更新しようと考えている作品は決まっているのですが…次回をお楽しみに、ということで終わらせようと思いますw
それでは、今回はこの辺で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

‐アオ‐

Author:‐アオ‐
一学生ゲーマー。
ゲーマー歴は長めだが経歴は短い。
最近火がついたかのようにゲームをやり始めようと思っている人。

ブログについて
ネタバレが含まれますのでゲームプレイ済み、もしくはネタバレを許せる方推奨。
なるべく抑え目で書きたいとは思っています。
リンクにつきましては貼るもはがすもご自由にどうぞ。
ただ、一言下さったら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。